知らない間に進んでしまう恐ろしい病気{白内障の特徴とは}

このエントリーをはてなブックマークに追加
Menopause

白内障と緑内障

こわい目の病気について

目の病気はいろいろと聞くと思いますが、白内障と緑内障は 目の病気の中でも有名なものだと思います。 白内障は年をとると、目の水晶体が白く濁り、 視力が低くなる病気です。 正常な水晶体は透明ですが、白内障になると 水晶体が白く濁りますので不都合な症状が出てきます。 症状としては、かすんでしまう・光がまぶしく感じる・ 視力の下がるなどがあります。 症状として、視力が下がる、かすんでしまうなどの軽いものであれば、 点眼薬の治療がされます。 また、軽度ではなく症状が進んでしまうと手術が行われます。 また、緑内障は視野が狭くなる病気です。 症状が出てきた際には、病気の進行はゆっくりのため なかなか自覚症状がありません。 そのため、健康診断で指摘されることもありますので、 その場合はきちんと専門医で診察を受けましょう。

目の病気の可能性が出たら

目の病気は痛い・かゆいなどの症状が無く 知らない間に病気になっていたという事が多々あります。 特に緑内障は中年以降の年代で発症する病気の一つですので 毎年の健康診断結果の確認(健康診断を受けていない方は 定期的に眼科で確認)するのが良いでしょう。 また、緑内障は視野が狭くなると治すことができません。 そのため治療としては、点眼薬などで病気の進行を止めるのが 原則になります。 また、緑内障の場合に点眼薬を使っても症状が進んでしまう場合は 手術になる場合があります。よく点眼薬をつけなかったり、つけ忘れたり する場合もありますが、良くないことですのできちんと点眼するように しましょう。 白内障も緑内障も早期の治療が大事です。