知らない間に進んでしまう恐ろしい病気{白内障の特徴とは}

このエントリーをはてなブックマークに追加
Menopause

対策について

日頃のアイケアが重視されていくと予想されます

白内障や緑内障などの眼の病気は、更年期にさしかかる40代以降から特に発症が増える病気です。白内障も緑内障も初期には目立った症状が現れないことが多く、病気の発見が遅れることも少なくありません。現在では、こういった白内障や緑内障についての情報がマスコミでも盛んに取り上げられるようになり、少しずつ特徴的な症状や治療法が知られるようになっているのです。昨今ではこういった眼の病気の発症に、紫外線などの環境要因が関わっていることが分かってきています。そのため現在では、屋外で長時間過ごす場合には、サングラスの着用などが推奨されているのです。今後は、このような生活の中でのアイケアが重視されていくと予想されます。

病気の早期発見が大切になるのです

白内障や緑内障は、症状が現れにくいという特徴があります。そのため定期的な検査を受けていない場合には、無症状のうちに病気が進行していることもあるのです。従って、40代以降の年齢では定期的な眼の検査を受けておくことが必要になります。白内障の場合には、高齢者に多く発症する病気というイメージがありますが、昨今では若年性の白内障も多く見られるようになっています。そのため、例えば40代であっても症状には気を配ることが大切になるのです。コンタクトレンズやメガネを使用している方の場合には、視力のチェックも兼ねて1年に1回程度の眼科医の診察受けておくことが望ましいと言えます。更年期にはこういった眼の病気にも注意が必要なのです。